2007年03月11日

マーブル正式譲渡

3月10日、マーブルはSさんのお家のコとして正式に迎えていただきました。

Sさんは昨年11月に里親として迎えたいと言ってくださった方で
マーブルの手術が成功したらSさんのお家に迎えてもらう予定でした。
入院中や手術前にも会いに来てくださって、
マーブルが亡くなった日、火葬の時にも足を運んでくださっていました。
四十九日の時は、私の都合で来ていただく事はできませんでしたが
ご連絡をいただきお家で手をあわせてくださったそうです。

Sさんからは「一緒に生活はできなかったけれど、遺骨を引き取り供養させて欲しい」
との希望をいただいていました。

代表とも相談し、Sさんとも相談し、
私の心の整理がつくまで、マーブルがちゃんと虹の橋を渡れるまで、
四十九日までは我が家に遺骨を置かせてもらいました。

そして3月10日、正式に書類を交わしマーブルはS家の家族になりました。

この日はSさんのお家までマーブルを届けにゆきました。
いつものキャリーバックに入れて、マーブルとの最後のお出かけです。
いつも着ていたお洋服も、いつものリードも持たせました。

マーちゃん家族に迎えてもらって良かったね
これからは安心してうんと甘えてね
Sさんや先住ワンちゃんと仲良くして、困らせちゃだめよ
たまにはうちに里帰りに来てもいいからね
マーちゃん今までありがとう・・・


左がマーちゃん。右は8月に亡くなったジージョちゃん。
2007-3-10-1.jpg

ジージョちゃんは心臓病で亡くなりました。急変してから数日の事だったそうです。
亡くなって一週間後にたまたま見たブログがジージョちゃんにそっくりなマーブルで、
それからずっと日記を見ていてくださっていたそうです。
その時初めて見た写真がこれ。我が家に来て次の日撮った写真です。
マーブルがあまりに痩せていて、
これでは可愛くアピールできないと思ってお洋服を着せていました。
マーちゃん幸せそうな寝顔・・・


Sさんのお家には8才になるマロンちゃんがいます。
マロンちゃんは腎臓病を患っていて、Sさんが毎日輸液をしたり
手作りフードを作ったりと、お世話をしているそうです。
でもマロンちゃんはとっても元気でした。そして賢い!
マロンちゃん、いつまでもママの側にいてあげてね。
そしておっとり爺のマーブルをよろしくお願いします・・・
2007-3-10-2.jpg

かわいい「わんダフルライフ」SさんのHPです。
近々マーブルも家族として載せてくれるそうです。

マーブルとSさんの出会い・・・
マーブルとSさんを引き合わせてくれたのはCATNAPスタッフで
ぴぃすくんやミルキーちゃん預かりだったナナママさんなんです。
Sさんはナナママさんの知り合いの知り合いの方で、
初めて会った時はお見合いとかではなく、
知り合い同士お茶しまよう〜という流れでした。
私がマーブルを預かっているのも最初は知らなかったそうです。
たまたまSさんがマーブルのファンという事を知り、
じゃあ「マーブルを囲む会」ということで!と私が勝手に命名して
お食事をしたのがきっかけでした。
でもその時のマーブルはすごかったんです。
お見合いでも無いのに、Sさんにベッタリ体を預けて甘えていて
今まで会ったどんな人よりもマーブルが心を開いて抱っこされてたんです。
私とも最初の時はこんな風ではありませんでした。
私もナナママさんもマーブルの変わりようにすごく驚いていました。
その時私は密かに「里親さんになってくれないかなー」と強く思っていたのですが
病気のマーブルを無理にすすめる訳にもいかず・・・
でもその数日後にSさんから里親希望のご連絡をいただき、
私はこのご縁だけはマーブルのために絶対成功させなくてはいけないと
ずっと思っていました。
かわいいその時の日記です。


遺骨をSさんにお渡しするのは、その時のマーブルの印象が強くあったからです。
一緒に暮らしていないコの遺骨を引き取るということは
とても強い愛情が無いとできない事だと思います。
マーブルはそこまで思われて幸せだと思います。
Sさんマーブルをどうぞよろしくお願いします・・・

ニックネーム coto at 15:35| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする