2006年11月27日

手術します

代表と悩みに悩みぬいて、病院の先生とも相談しあって
結石除去の手術をすることにしました。

結石が大きくなってきていること、
完全に尿道に詰まって閉尿を起した場合、一日で危険な状態になること、
結石があるため一ヶ月以上も膀胱炎が続いていること、
度重なる治療で尿道に傷がつき細くなりはじめていることなどから、
手術に踏み切ることにしました。

この決断をするまで代表も私もずっと悩みました。

いまここで決断したのは、マーブルの状態がこれ以上待てないからです。

クッシングの影響から抵抗力が落ち始め、体重も減り、脱毛もあり、
日々老いていくのが分かります。
少しでも体力があるうちにやってしまわないと
来年に入ってからではもっと危険な状態になってしまう・・・

結石は薬や療養食で消せるタイプのものではなく、
尿道を通して出せる大きさでもありません。
落ちてくる度に尿道に管を通してその場しのぎの治療をするには限界があり、
もっと体力が落ち込んだ時に閉尿を起して危険な状態になったり、
緊急手術をすることも考えられます。

結石は現在膀胱にあるものを除去すれば、
今後療養食を食べ続ければ新しく生まれてくる事はほとんど無いそうです。
療養食は結石の餌となる栄養を取らない食事になっています。

結石除去の手術自体はさほど難しいものではないそうです。
ただマーブルの場合、クッシングがどう作用するか分からず、
依然肝臓の数値も2600以上と高めなのが不安です。
心配なのは麻酔がどう作用されるかと、
抵抗力が落ちているので術後の回復です。

感染症など起さないといいのですが・・・

手術は大学病院でさせてもらうことになりました。

先週から手術のための検査が始まりました。
手術日はまだ決まっていません。
その時が来るまで、少しでも体重を増やして体力を付けさせなくては。

決断するまでは最悪の事も色々考えましたが、
いまは良い事だけしか考えていません。
なによりもマーブルは強運の持ち主ですから!
きっと頑張って、また元気な顔で戻ってきてくれると信じています。

ね、マーちゃん。キミの犬生はまだずっと続いているもんね・・・
2006-11-26-3.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マーブルの応援、どうぞよろしくお願い致します!

四葉マーブル基金のご協力よろしくお願い致しますm(__)m



ニックネーム coto at 03:25| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする